薄毛 改善

MENU

薄毛と遺伝の関係について

薄毛の改善のためには、薄毛になる原因を深く理解して育毛実践をすれば、よりいい結果がでますので、育毛の第一歩として、薄毛の原因について考えてみましょう。

 

薄毛と遺伝の関係について

薄毛になる原因で、まず思い浮かべるのが、遺伝ではないでしょうか。

 

自分の傍系直系の家族に薄毛の人がいたとしたら、自分も薄くなるのではないか、若ハゲにならないかという悩みをいだくようです。

 

「薄毛は遺伝する」と考えられる理由はAGAを指すことが一般的でしょう。。

 

ジヒドロテストステロン

AGAという言葉は、最近よく聞きますね。

男性型脱毛症(AGA)は薄毛の代表的な症状のひとつです。

 

生え際が後退する、頭のてっぺんを中心に薄くなる、このような男性の髪の悩みの大部分を占める脱毛症です。

 

AGA以外では体質遺伝、特に頭皮の張りに関係する頭の型も遺伝による薄毛の原因と考えられます。

 

AGAの原因のすべてが解明されていませんが、一番関係するのがジヒドロテストステロン(DHT)です。

 

このジヒドロテストステロンは、同じく男性ホルモンの一種であるテストステロンが、還元酵素である5α-リダクターゼの働きによって作られ、多ければ多いほどAGAが進行していきます。

 

なお、5α-リダクターゼには1型と2型の2種類ありますが、2型5α-リダクターゼが薄毛に大きく関係しているということが分かりました。

 

 

男性ホルモンは全ての男性にあるのですが、全ての人が薄毛になるわけではありません。

 

ジヒドロテストステロンのもとであるテストステロンに関しては、分泌量に個人差はほとんどありません。

 

しかし、ジヒドロテストステロン(DHT)生成の原因となる5α-リダクターゼの分泌量は個人差があることから、この5α-リダクターゼの分泌量が、薄毛になるか、ならないかの分岐点だと言えます。

 

 

そして、この5α-リダクターゼが生成されやすい体質こそが、遺伝として受け継がれているというのが現在の最有力説となっています。

 

5α-リダクターゼの還元をブロックに効果がある育毛剤濃密育毛剤BUBKA(ブブカ)≫≫≫

薄毛と遺伝の関係について関連ページ

ストレスと解消法
薄毛の改善ためには、薄毛になる原因を深く理解して育毛発毛の実践すれば、いい結果がでます。育毛の第一歩として、薄毛と遺伝の関係や間違ったヘアケア、ストレスについて等の薄毛の原因について考えてみましょう。
女性の薄毛が増える原因と改善法
女性特有の薄毛の原因とは更年期以降の男性ホルモンや間違ったヘアケア、無理なダイエット、産後んあど多種多様ですが、原因がはっきりしているものが多く、根本的な問題を解決すれば薄毛が改善しやすいのものです。