薄毛 改善

MENU

ストレスと解消法

ストレスは頭皮の血行不良をまねきます。

 

薄毛の原因にストレスが関係している理由は、毛根の血行不良がおこり、血行が悪くなるからです。十分な栄養分が毛根部の毛乳頭に送られなくなり、発毛する力が落ちてしまいます。

 

この血行をコントロールしているのが自律神経なのですが、強いストレスを受けると自律神経は緊張し、血管の収縮が起こります。
血管が収縮すると血流が減少するため、血行不良になるのです。

 

質のよい睡眠をとる

肌の再生と同じように、頭皮や髪は午後10時〜午前2時の時間帯に活発になります。
この時間帯は他の時間帯よりも成長ホルモンが多く分泌されることから髪や頭皮の再生にとって大切な時間なのです。

 

そのために、この時間帯には出来るだけ質の良い睡眠を取ったほうがいいのです。
ストレスによって自律神経が乱れると、質のよい睡眠がとれなくなり、不眠症になってしまうこともあります。
当然、髪に良い訳がありません。

 

内蔵機能の低下のよる自律神経失調症

ストレスにより自律神経が侵されると、内蔵機能が低下します。
ストレスで胃痛が起こるのは、自律神経失調症による内臓機能低下が原因なのです。
内蔵機能が低下すると、タンパク質の吸収が悪くなり、毛根部に十分な栄養が行き届かなくなります。

 

アドレナリンの過剰分泌

強いストレスを感じると、その反動で体内にアドレナリンが分泌されます。
そして、活性酸素が増えることにより、頭皮の脂や汚れを過酸化脂質に変えてしまいます。

 

過酸化脂質は毛穴に詰まりやすく、こびりつくと簡単に取れなくなります。
放置しておくと炎症を起こす原因となり、頭皮にかさぶたやフケが増え、髪の作る力を衰えさせてしまいます。

 

ストレス解消とリラクゼーション

ストレス性の薄毛は、ストレスさえ解消すれば改善しやすくなります。
このことから、ストレス性の薄毛は、育毛剤を使ったとしても、この問題を改善しなければ効果がでにくいことになります。

 

そのため、育毛剤やシャンプーも大切ですが、薄毛の改善のためには、まずはストレス発散するするようにしましょう。

 

リラクゼーションの心得

休息をとることだけがリラクゼーションではありません。休息もとり過ぎることもストレスとなることもあるようです。
一番大事なのが適度な運動です。また読書などで、心身をリラックスさせる時間を取ることも大切です。また、指圧やマッサージなども心身をリラックス出来るでしょう。

ストレスと解消法関連ページ

薄毛と遺伝の関係について
薄毛の改善ためには、薄毛になる原因を深く理解して育毛発毛の実践すれば、いい結果がでます。育毛の第一歩として、薄毛と遺伝の関係や間違ったヘアケア、ストレスについて等の薄毛の原因について考えてみましょう。
女性の薄毛が増える原因と改善法
女性特有の薄毛の原因とは更年期以降の男性ホルモンや間違ったヘアケア、無理なダイエット、産後んあど多種多様ですが、原因がはっきりしているものが多く、根本的な問題を解決すれば薄毛が改善しやすいのものです。