薄毛 改善

MENU

薄毛の改善とヘアケア商品の関係

薄毛の改善を考える場合、ヘアケア商品とその方法も注意しなければなりません。

 

以前は、パーマやカラーリングをした場合、薬剤を使うことから、少なからず髪の毛に刺激を与え、頭皮にも負担を抱えることから、薄毛の原因とよく言われていました。

 

しかし、最近は薄毛の改善の妨げになるのが、ヘアスタイリング剤とヘアケア商品です。
女性の薄毛や若ハゲが増えた原因は間違ったヘアケアも一因しているのです。

 

ヘアケア商品が薄毛の原因(薄毛の改善にマイナス)

ヘアケアという名前がついていることから、薄毛の改善にとって良いと思われますが、実際は危険な商品が多いのも事実です。

 

女性や若い男性が求める髪のサラサラ感としっとり感。
メーカーは髪の傷みをメインとする商品を次から次へ発売しています。

 

髪をコーティングすることによって、質感は当然よくなるでしょう。
しかし、シャンプー自体で、髪をコーティングするというのは、薄毛の改善にとっては危険です。
コーティングする成分には、シリコン系が入っていたりします。
つまり髪だけではなく頭皮をもコーティングしてしまうということにもなるわけです。

 

頭皮をコーティングするということは、どうなるか。
毛穴が詰まります。
薄毛の原因にもなりますので、薄毛の改善のためにもシャンプーは、刺激の少ない汚れのよく落ちるものにすべきです。

 

髪の傷みが気になる方は、シャンプーのあとにリンスやトリートメントをしっかりすればいいのです。

 

リンス・トリートメントの注意点

シャンプーの洗い流し不足も薄毛の改善にはマイナスですが、リンスやトリートメントにも注意が必要です。
できるだけ皮膚につけないようにし、そして十分すぎるぐらいのすすぎ、洗い流しをしましょう。

 

纏めますと、シャンプーは肌に優しいシャンプー(アミノ酸系など)で汚れをしっかり落とします。そして、髪の傷みが気になる方は、リンスやトリートメントを頭皮にできるだけつけないように注意して、髪に揉み込みます。
最後に、十分すぎるほどに、すすぎをします。

 

薄毛の原因とヘアスタイリング剤の関係

ワックスやスプレーなどのヘアスタイリング剤は、ファッションにおいて重要なアイテムですが、刺激のある薬剤を配合しているものもたくさんあります。
さらに、スタイリングが長持ちして崩れにくいハードタイプのスタイリング剤は、それだけ薬剤が落ちにくい性質のものになります。
つまり、シャンプーをしても完全に落とせない場合もあり、頭皮や髪に薬剤が残って、皮膚トラブルや薄毛の原因となってしまいます。

 

薄毛の改善を目指すなら、ヘアスタイリング剤を使う時は、出来るだけ頭皮に付着しないよう注意し、使った後は十分にすすぎ落とすようにしましょう。

 

ハードスプレーを付けたあとのシャンプーで、5回、6回と数多くシャンプーをする方がいますが、その場合は、頭皮に負担がかからないように、頭皮をマッサージするのは、2回だけにしましょう。

薄毛の改善とヘアケア商品の関係関連ページ

男性ホルモンと薄毛原因
育毛発毛促進のためには育毛剤やシャンプーはタイプ別に選ばなくてはなりません。男性ホルモンを抑制する、頭皮の血行を促進するタイプなど、自分に合った育毛剤やシャンプーを選び、正しい使用方法を行いましょう。
育毛剤の付け方とマッサージ
育毛発毛促進のためには育毛剤やシャンプーはタイプ別に選ばなくてはなりません。男性ホルモンを抑制する、頭皮の血行を促進するタイプなど、自分に合った育毛剤やシャンプーを選び、正しい使用方法を行いましょう。
シャンプーマッサージ(円を描く)方法
薄毛 改善のための頭皮環境を整えるシャンプーマッサージ法を説明します。頭皮が柔軟になり、皮膚を持ち上げ、血行が良くなり、脂搾り出し効果もあるシャンプーマッサージは指の腹で円を描くように回します。